配偶者ビザの申請方法

行政書士の先生と先日お話をさせていただいた時の話です。国際結婚をして、外国人配偶者のビザをとりたいという問い合わせが行政書士事務所に多いようです。最近多いのは、「自分で申請したけど不許可になった。どうすればよいでしょうか?」という問い合わせ内容です。

国際結婚では、中国人、韓国人、フィリピン人と結婚する方が比較的多いようです。他にもタイとかミャンマーとか東南アジアの方と結婚する方もいらっしゃいます。男性の方が、アジアの人と結婚し、女性は欧米の人と結婚するケースが多いようです。

まず日本人と結婚をして、外国人が日本に住むためには、「日本人の配偶者等」という在留資格(ビザ)が必要になります。このビザはまだ結婚をしていない婚約者ではとれません。必ず結婚をしないととれないので、必ず入籍をする必要があります。

ビザは入籍をしてから申請をする、という流れになります。逆に、入籍をしたのにビザをもらえないケースが発生する場合もあります。結婚は手続き的に必ずできますが、配偶者ビザは結婚したからといって必ずもらえるわけではありません。入籍したけどビザが出ないという状態は本当に最悪な気持ちになってしまいますよね。

なぜ、不許可になる可能性があるかと申しますと、入国管理局の審査で落とされるからです。ビザ目的の偽装結婚が非常に多いからです。ですので、自分たちの結婚が正真正銘の結婚であるということを証明するために、資料を準備する必要があります。

この資料を準備したり、入国管理局に説明したりする責任は自分にあります。自分で説明したり証明したりする方法がよくないと、偽装結婚ではないのに不許可になってしまうのが配偶者ビザの特徴になります。そして、差別ではありませんが、アジアの人との結婚の方が欧米の人との結婚よりも審査が厳しいようです。

それは、アジアの人のほうが過去に偽装結婚が多かったという歴史があるからです。ですので、入国管理局も注意しているというわけです。

このように、説明責任は自分にありますので、配偶者ビザの申請は軽く考えないほうが良いでしょう。行政書士の方には、この配偶者ビザ 申請を専門にしている先生もいますので、このような行政書士に代行してもらうのが一番効率的といえるでしょう。