老人性うつ病と脳ドック

脳ドックとは、脳卒中(脳梗塞・脳出血・クモ膜下出血)や脳腫瘍等、脳の病気を早期発見・予防することを目的としたコースです。脳卒中は突然死の一因で、命を取留めても後遺症により生活が一変することも少なくありません。「発症してから」の治療では遅く、「発症を防ぐための予防」が重要です。

脳卒中は突然死の一因であり、また命を取留めても言語障害や麻痺など、重い後遺症が残ることもすくなくありません。脳ドックでMRI撮影法を駆使し、脳のあらゆる病気を早期発見し、早期治療へと結びつけることが重要です。

脳ドックで使用するマルチスライスCTの立体血管画像(3DCTA)は、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の発見に絶大な威力を発揮します。脳動脈瘤が破裂しくも膜下出血を発病するまえに確認されれば、事前に手術治療の検討などを行います。老人性うつ病の基礎知識というサイトでは、実は脳の疾患が原因で発症している可能性があると示唆しています。

2014年2月14日 老人性うつ病と脳ドック はコメントを受け付けていません。 医療